睡眠時無呼吸症候群の治療方法といびきの関係について解説

睡眠時無呼吸症候群は、多くの人に影響する睡眠障害の一つであり、いびきとも深い関係があります。本記事では、睡眠時無呼吸症候群の治療方法といびきの関係について解説します。

【睡眠時無呼吸症候群の概要】
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に一時的に呼吸が止まる状態が繰り返される病気であり、いびきを伴うことが多いです。いびきは、喉の空気の通り道が狭くなり、空気の流れが滞ることによって発生します。その結果、呼吸が止まることがあり、酸素不足や睡眠の質の低下を引き起こします。

【いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係】
いびきは、睡眠時無呼吸症候群の一つの症状であり、いびきをしていることが睡眠時無呼吸症候群の疑いを持つきっかけとなります。いびきをしている人は空気の通り道に何らかの問題があり、それは睡眠時無呼吸症候群の可能性があるとも言えます。いびきをすることで、気道が一時的に閉塞し、呼吸が止まることがあります。これが睡眠時無呼吸症候群の症状の一つであり、いびきをしている人は睡眠時無呼吸症候群のリスクが高いとされています。

よく見られる自覚症状

  • 夜間のいびきの発生:睡眠中に高い音でいびきをかくことが多い。
  • 睡眠中の一時的な呼吸停止:突然の息止まりやガス漏れのような音がする。
  • 眠気や疲労感の持続:日中に疲れや眠気が残り、日常生活に影響を及ぼす。
  • 頭痛や喉の乾燥:朝起きた際に頭痛を感じることや、喉が渇いていることがある。
  • 夜間の不安定な睡眠:夜中に何度も目が覚めることがあり、寝不足を感じる。悪夢を見て目が覚める。
  • 夜間のおしっこが多い(夜間頻尿):夜中に何度もトイレに行く必要がある。
  • 性格の変化や集中力の低下:イライラしやすくなったり、注意力や集中力が低下したりする。

【睡眠時無呼吸症候群の治療方法】
睡眠時無呼吸症候群の治療方法は、症状の重さや原因によって異なりますが、以下のような方法が一般的に用いられます。

  1. Positive Airway Pressure (PAP)療法:気道に圧力をかけ、空気の流れを確保する治療法で、Continuous Positive Airway Pressure (CPAP)やBi-level Positive Airway Pressure (BiPAP)などがあります。
  2. 口腔内装置の使用:睡眠時無呼吸症候群が診断された上で、歯科医師が作成
  3. 体位変換法:仰向けに寝にくくする装具などを装着して睡眠をとる

ねがみ みらいクリニックでは仕事で通院の時間が取れない方や、遠方の方、身体的理由により通院ができない方に対し、オンライン診療で自宅にいながらできる検査の機器を郵送することも可能です。
ご自身が睡眠時無呼吸症候群であるかどうか確認したい、治療をしたいとお考えの方はお気軽に受診ください。

関連記事

  1. ビタミンB について

  2. 震災のトラウマについて

  3. 慢性疲労・どんなビタミンが必要?

  4. 迷惑な「いびき」に悩まされているあなたへ

  5. むくみに困っていませんか?

  6. コロナ・インフルへの対抗方法