災害時に必要な栄養素 ビタミンC

災害が襲来すると、我々は身体的・精神的なストレスに晒されることがほとんどです。

この厳しい状況下では、通常の生活よりもはるかに多くのビタミンCが必要です。

しかし、手っ取り早く手に入る食べ物は
おにぎり、パン、カップラーメンなどの麺料理が中心となります。

料理をする心の余裕がなかったり、揺れで火を使えなかったり、
水の確保が難しかったり、
調理器具や食器が使えない時に、これらの食品が頼りになります。

残念ながら、これらの食品にはビタミンCが不足していることがよくあります。


ビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンの生成に関与する重要な役割を果たします。

また、疲労回復にも欠かせず、皮膚の健康維持やコラーゲンの生成にも関与します。

ビタミンCの不足は皮膚の乾燥、シミ、シワを引き起こし、
さらに深刻な壊血病といった病気を引き起こす可能性もあります。

したがって、災害時には特にビタミンCの摂取が重要です。

効果的な方法は、摂取量とタイミングを工夫すること。

ストレスがピークの時には、ビタミンCを意識的に摂り入れる



ことで、心身の健康を維持しやすくなります。

これにより、災害に対する抵抗力を高め、共に乗り越える力を得ることができるでしょう。


関連記事

  1. 慢性疲労・どんなビタミンが必要?

  2. むくみに困っていませんか?

  3. 震災のトラウマについて

  4. コロナ・インフルへの対抗方法

  5. 迷惑な「いびき」に悩まされているあなたへ

  6. 睡眠時無呼吸症候群の治療方法といびきの関係について解説