慢性疲労・どんなビタミンが必要?

慢性的な疲れが溜まっている、、、こんな時は、
特にビタミンB群とビタミンDが重要です。

  • ビタミンB群:
    ビタミンB群には、エネルギーの生成や神経系の正常な機能に必要なビタミンが含まれています。
    特にビタミンB12、ビタミンB6、および葉酸は、エネルギー代謝に重要な役割を果たし、
    疲労感を軽減するのに役立ちます。これらのビタミンが不足すると、エネルギー生産が低下し、
    疲労感が増す可能性があります。
  • ビタミンD:
    ビタミンDは、免疫機能や筋肉の機能に関与する重要な栄養素です。
    不足すると、筋肉の弱点や疲労感が生じる可能性があります。
    また、ビタミンDが不足すると、
    うつ病や不安障害などの精神的な症状も引き起こす可能性があります。

これらのビタミンを含むバランスの取れた食事や、
必要に応じてサプリメントを摂取することで、慢性疲労の症状を軽減することができます。
特にこの二つのビタミンは、しっかり意識して摂らないと不足しがちです。

関連記事

  1. むくみに困っていませんか?

  2. 睡眠時無呼吸症候群の治療方法といびきの関係について解説

  3. 震災のトラウマについて 2

  4. ビタミンB について

  5. 迷惑な「いびき」に悩まされているあなたへ

  6. 災害時に必要な栄養素 ビタミンC